カードローン 比較

少ない必要書類で借りられるのはどこ?

カードローンの申し込みにあたって、提出書類が多いと用意するのがたいへんなこともあります。一昔まえまでは身分証明書、勤務先の証明書に収入証明書など申込に際していろいろな書類が必要でした。

 

現在では本人確認書類だけで借りられるケースも多いですが、カードローンによっては収入証明書や勤務先の証明書などが必要なところもあります。

 

特に急ぎの融資を希望している場合などは必要書類が多いと困りますよね。
外出中や仕事中に急にお金が必要になったときなどは、収入証明書を用意するのがなかなか難しいかと思います。

 

では、少ない必要書類でお金を借りることができるのはどんなカードローンなのでしょうか。

 

銀行カードローンなら300万円まで収入証明書不要なところも

消費者金融や信販系カードローンになりますと総量規制で借入額によっては収入証明書の提出が必要になってくるのですが、銀行カードローンでしたら総量規制対象外になりますので収入証明書の提出について法的にいくら以上なら提出といった決まりがありません

 

各銀行ごとで提出する額を定めています。
ほとんどのところでは100万円までなら収入証明書不要、というように貸金業者のそれよりも高額な設定額になっており、なかには300万円までなら収入証明書不要、というところもあります。

 

手持ちのクレジットカードでキャッシング

すでに持っているクレジットカードにキャッシング枠がついている場合、審査は終わっていますので、利用の際には必要書類がいりません。金利が高めであるなどデメリットも多少ありますが、すぐに借りられるというのが最大のメリットです。

 

消費者金融でも50万円を超えなければ大丈夫

消費者金融で借りる場合でも、借入額によっては収入証明書は必要ありません
消費者金融で収入証明書が必要になるのは50万円を超える借入の場合、もしくは複数社あわせて100万円を超える借入の場合と総量規制で定められています。それらを超えない借入の場合には本人確認書類だけで借りられます。

 

どうでしょうか?
カードローン・キャッシングのなかには意外と少ない必要書類で借りられるものが多いことが分かるかと思います。必要書類が多くなればその分審査も慎重になりますし、できれば少ない必要書類でスムーズにお金を借りたいですよね。