カードローン 比較

下限金利に注意

カードローンを金利で比較する場合に注意していただきたいのが下限の金利です。
カードローンの金利は、4.5%〜18.0%などというようにある程度幅をもたせて表示されることがほとんどですが、このとき下限の4.5%を見て低い金利のカードローンだと思ってしまわないよう注意していただきたいのです。

 

というのも、4.5%〜18.0%のうちのどの利率が適用されるのかは審査で決まります。
「属性もそんなに悪くないし、自分なら11%くらいで借りられるかな?」なんて考えている方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし適用利率は借入額によってある程度決まってくるものなのです。

 

4.5%という一番低い金利が適用されるのはそのカードローンのMAXの限度額、500万円などといった高額融資を受ける方くらいであって、50万円以下など少額の借入の場合には、ほとんどの方が一番高い18.0%の適用になる可能性が高いのです。

 

そのため、カードローンの金利で比較の際には一番高い金利を見て比較する必要があります。

 

そのうえでみてみますと、消費者金融のカードローンでは銀行カードローン並みに下限金利が低いところがありますが、上限金利はほとんどが18%程度となっており金利は高めです。

 

一方銀行カードローンは、大手都市銀行系ですと上限金利は14%程度となっており、金利の差があることがわかります。カードローンを金利で比較の際にはこの点に注意して選ぶようにしましょう。

 

期間によっては無利息サービスのカードローンがお得

とにかく低金利のカードローンが一番お得か?というと、けっしてそんなことはありません。
ケースによっては無利息期間のサービスのある消費者金融を利用したほうがお得なケースもあります。

 

例えばプロミスやアコムなどでは30日間の無利息期間が初回契約時に利用できますが、この30日の間に借りたお金をすべて返してしまえば利息は0円でお金を借りることができるわけです。また、2ヶ月借りたとしても、1ヶ月分の利息しかかからないということになります。

 

とはいえ無利息期間が過ぎればもとの金利の適用になりますので、長期の借入になりますとやはり低金利な銀行カードローンを選んだほうが利息負担が少なくなりますし、また今後何度も利用するというのであれば無利息期間は初回だけのサービスなので銀行カードローンをはじめから選んでいるほうがいいと言えますが、短期間の借入や単発で今回限りという利用の場合には、無利息期間のある消費者金融のほうがお得かもしれません。

 

比較の際にはぜひ検討してみてください。