カードローン 比較

カードローンの利息の比較の仕方

できるだけ余計な利息を支払わずにお金を借りたい、という場合、当然金利で比較してより低金利なカードローンを選ぶ方がほとんどかと思いますが、実は金利だけみていると損をしてしまうこともあります。

 

それは、総返済額を決定づける要因は金利だけではないからです。

 

利息の計算というのは、以下の計算式で計算します。

利息=借入残高×金利×借入期間

 

これを見てわかるように、利息は借入する期間が長くなればなるほど多くなっていきます。
例えば同じ額で同じ金利のカードローンであっても、借入期間が違ってくれば支払うこととなる利息額にも差が出ますし、結果総返済額にも差がでるのです。

 

カードローンの返済方式には残高スライドリボルビング方式と呼ばれる方式が使われているのですが、借入残高に応じて最低限返済しなければならない毎月の返済額が決まっています。

 

次に挙げるのは各カードローンごとの10万円を借りた場合の各社の最低返済額です。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン…2,000円
オリックス銀行カードローン…7,000円
みずほ銀行カードローン…10,000円
プロミス…4,000円
アコム…5,000円
モビット…4,000円

 

どうでしょうか?
各カードローンによって、かなり最低返済額に違いがあることがわかりますよね?

 

最低返済額が違うということは、最低返済額だけを支払っていった場合には当然、合計返済回数も違ってきます。確かに月々の支払い負担は少ない方が毎月の返済は楽ですし、できるだけ低い額のほうが返済に行き詰まってしまう心配もありません。しかし、最終的に支払うこととなる利息額の差はかなりのものとなります。

 

じゃあ最低返済額が高めなところを選ぶべきなのか、というと確かにそのほうが最終的な利息額は得なのですが、それは最低返済額だけを支払っていった場合です。最低返済額というのはあくまでも毎月返済するべき「最低額」であり、多めに返済することももちろん可能なわけです。なので、最低返済額が少ないカードローンを選んだとしても、毎月多めに返済をしていけばその損の部分は取り返せます

 

ただし「今月は最低返済額だけでもいいか」とついつい最低返済額の低さに甘えてしまい、流されてしまうという方もいらっしゃるでしょう。そうした方はあらかじめある程度の最低返済額のカードローンを選ぶようにするというのも一つの手かもしれません。

 

カードローン選びで利息に注目して選ぶ際にはぜひ、この最低返済額についてもチェックしておきましょう。